筋トレとストレッチ

街の中のスポーツジムに目を向けると、一生懸命に筋トレに励んでいる会員の方々がたくさんいるのが分かります。

20歳を過ぎると、筋力は低下の傾向を辿っていくと言われていますが、筋トレをすることでかなりの筋力アップになることも事実です。

筋トレで筋力を上げることは、基礎代謝力を向上させるので、ダイエット効果もあると言われています。

但し、トレーニングすることで効果を上げるためには、毎日行うのではなく一定の休憩期間を挟んで取り組むことが良いとされています。

トレーニング後は、一旦、筋肉の筋が破壊されてしまうために、再生させるインターバルがな必要だということなのです。

したがって、週に3日間程度のトレーニングが効果的と考えられています。

また、併せてストレッチも行うことが、勧められています。

筋トレで筋肉が固くなってくると、一方では柔軟性が失われていくとされているからです。

それにより、血液の循環も鈍くなるために、ストレッチをしながら、柔軟性も保つことが必要なのです。

筋トレにかける時間と同じ程度の時間でストレッチができれば、筋力アップと柔軟性維持に役立つと思われるのです。

筋トレを健康増進のために行うのであれば、筋力を付けすぎず、程度な負荷をかけて行うことで、十分な効果を得られることを知っておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です